「Wi-Fi」速度が遅い・通信が安定しない!それなら「Wi-Fi6」がオススメ!

 

コロナにより働き方が変わり、Web会議やテレワークを導入している企業も増えている。こういった背景もあり、インターネットはより必要不可欠なものとなり、より通信速度・安定性が求められている!
そんな中、出てきたのが新しい規格「Wi-Fi6」だ!!
そこで今回は、新しい無線の規格「Wi-Fi6」について紹介していくゾ!

まずは基本!「Wi-Fi」とは!

「Wi-Fi6」を説明する前に、まずは「Wi-Fi」について説明しよう!
Wi-Fiは「ワイファイ」と読むゾ!
無線で通信する端末(パソコン・スマートフォン・プリンターなど)がお互いにネットワーク接続が可能になる方式(規格)の名称だ!

社内や家の中のネットワーク対応端末(パソコン、プリンタなど)をWi-Fiでネットワーク接続できるようになり、これまでケーブルが届かなかった場所でもインターネット利用が可能になるゾ!複数人が同時接続することも可能だ!

新規格「Wi-Fi6」とメリット

Wi-Fiという言葉は普段でも聞いたり見たりしたことはあると思う、このWi-Fiの規格と名称は、IEEEという団体が決めている!そのため「IEEE」から始まる規格名だったのだが、通信や回線に詳しくない人にとってはわかりにくく、覚えにくとの声があり!そこでわかりやすくするため、最新のWi-Fi規格「IEEE 802.11ax」の正式名称を「Wi-Fi 6」としたのだ!

そしてWi-Fi6を利用する最大のメリットは、簡単に言えば「通信速が速くなる」だ!!

社内や自宅などで「ケーブルが届かいない場所」や「無線にしてスッキリさせたいが速度が遅くなるのは嫌だ!」といった方に特にオススメだ!

Web会議や動画ネットサービス等、ビジネスやプライベートで通信速度は必要となってきている!
もし、Wi-Fiルーターの買い替えやネットワークの見直しを考えているなら「Wi-Fi6」対応のルーターにしよう!

「Wi-Fi6」を利用するには!

「Wi-Fi6」を利用するためには、規格に対応した「Wi-Fiルーター」が必要だ!
確認方法は、簡単で「IEEE 802.11ax」もしくは「Wi-Fi 6」対応と記載されたり下記画像の「認証マーク」があるのでチェックをしてみよう!

機器の調子が悪かったり、速度や安定性に不満が出てきていのであれば、この際に「Wi-Fi6」に切り替えてはどうだろうか?

もちろん、パソコンやスマートフォンもWi-Fi6に対応している必要があるゾ!身近な機器だとiPhone11が対応している!
まだ、種類は多くはないが今後も、パソコン・スマートフォン共に対応機種は増えて行くだろう!

次回は、コピーマンオススメ「Wi-Fi6」対応ルーターとメリットを詳しく紹介していくゾ!!

オフィスの問題、コピーマンが解決します!
0120-153-510まで、お気軽にご相談下さい!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)